原発事故隠しの本質

反原発運動全国連絡会 編 七つ森書館発行

A5/85/定価800+

 

「はじめに」から

 ひび割れたままの機器や配管を使って原発を動かし、そのことを隠してきた電力会社。損傷隠しが発覚しても運転継続を認めたばかりか、基準を緩和して早くも幕引きを図ろうとする国。原子力ムラの安全軽視の体質は白日の下にさらされ、「信頼を裏切られた」自治体はプルサーマル事前了解を撤回した。

 脱原発の未来のために、私達は今何をしなければならないのか? 

 真っ先に、損傷を隠してきた問題のある原発を即時停止させ総点検を行わせることがあげられる。不正に基づいたデータでは安全は保証されず、ましてや安心することなどできない。また、他に損傷隠しがなかったかも含めて徹底して真相を究明し、損傷隠しを行ってきた電力会社の責任を追及する必要がある。

 第二に、損傷隠しを見逃し、あるいは加担してきた国の責任を追及することが必要だ。東電の不正の内部告発を受けてからなぜ二年もかかったか。なぜ法違反を告発すらできないのか。自治体の国への怒りは本書に収録した資料が物語ってくれる。青森県知事ですら、原子力安全・保安院を原発推進の経済産業省から分離独立させるよう要求し、国が対応しないなら使用済み核燃料の受け入れを拒否すると脅している。

 第三に、早くも進められている幕引きと規制基準緩和を許さないことも当面の重要な課題である。

 そして、最後にプルサーマル事前了解の撤回でますます破綻が明確になった核燃料サイクル政策の転換を求め、六ケ所再処理工場の試験や運転開始の中止につなげていくことが求められている。

 これらの課題のためには、原発事故隠しの本質に迫り、原子力政策に関する広範な議論が行われることが必要だ。そのための問題提起として本書が活用されることを期待する。

 

本書の内容

==========原発事故隠しへの視点==========

●原子力安全・保安院の調査の主な経過
●怒り渦巻く東京電力原発現地 今度こそ原子力政策の転換を
原発反対刈羽村を守る会 武本 和幸
●安全規制緩和の欠陥評価基準検査では、原子炉高齢化時代が危ない
原子力発電に反対する福井県民会議 小木曽 美和子
●国や電力に、原発の安全管理をゆだねられない
能登原発差止め訴訟原告団 多名賀哲也
●東電の虚偽報告やトラブル隠しが意味するもの
きのこの会 中川 徹
●国・東電などの事故隠し究明実行委員会の活動で原子力政策の転換を
原水爆禁止日本国民会議 福山真劫
●東京電力による炉心隔壁(シュラウド)のひび割れ隠ぺい状況
●東電のシュラウド以外のウソ
●東電以外でも次々と発覚した隠蔽
●誰も安全に責任をもっていない/事故隠しスキャンダルの本質は?
上澤千尋さん(原子力資料情報室)に聞く
●繰り返されてきた事故隠し(内部告発で発覚した主な事故・不正)


==========自治体議会決議・自治体の申し入れ書等==========

●新潟県などの申し入れ/決議/意見書

新潟県知事 平山征夫/柏崎市長 西川 正純/刈羽村長 品田 宏夫
/新潟県刈羽村議会/柏崎市議会/福島県議会/福島県議会議長 植田
英一

●原子力発電所における事業者の自主点検作業記録に係る不正等に関する要望書

原子力発電関係団体協議会(北海道知事/愛媛県知事/青森県知事/宮城県知
事/福島県知事/茨城県知事/新潟県知事/石川県知事/福井県知事/静岡県
知事/島根県知事/山口県知事/佐賀県知事/鹿児島県知事)

●福島県中間報告/「原子力発電所における自主点検作業記録に係る不正問題」
について
●核燃料サイクルの推進について 原子力委員会メッセージ
●保安院、東電の刑事告発、行政処分を行わず
●原子力安全・保安院中間報告
●中国電力の点検元請け企業リスト
●定期検査と自主点検


HOME   TOP