「知ればなっとく 脱原発」

 春先には、南極の棚氷の崩壊や桜の異常に早い開花など地球温暖化の深刻化を実感させるニュースが相次ぎました。ところが、三月一九日に政府が決定した「地球温暖化対策推進大綱」では「2010年度までの間に原子力発電電力量を2000年度と比較して約3割増加することを目指した原子力発電所の新増設が必要である。」とし、相も変らぬ原子力の推進が盛りこまれています。

温暖化対策の本来のあるべき姿は、エネルギーや資源を浪費している社会構造を環境配慮型に改革していくことです。二酸化炭素排出量の数字合わせに原発を持ち出すような政策で実効が上がるとは思えません。

 政府が原子力推進の旗を振っても、その政策破綻は今や隠しようもなく、電力自由化の競争時代に原子力が負担になった電力業界からも悲鳴が聞こえてきます。老朽化した原発の廃炉や廃棄物処分などの総費用が約二十六兆六千億円になると、電気事業連合会が試算したこともそのひとつです。青森県・六ケ所村で建設が進む再処理工場だけでも十兆円程度と報じられています。

再処理の目的はプルトニウムを取り出すことですが、高速増殖炉開発計画はもんじゅの火災爆発事故で破綻し、これまでの原発で燃やすプルサーマル計画にも住民投票などでストップがかけられた今、再処理を進める理由はありません。

 本書は、各地で反・脱原発を闘う住民団体、労働組合、市民グループがマスコミに載らない運動に必要な情報を共有しようと一九七八年から毎月の発行を続けてきた「はんげんぱつ新聞」の4面にいつも掲載されている「反原発講座」から57講をピックアップし、時点修正を加えて作られたものです。

「反原発講座」は、言葉・情報の解説にとどまらず、問題を分析し、本質を見極めるうえで役立つようにと多くの書き手により書かれてきたもので、自治労での取り組みをもとに書いた原子力防災問題の解説など私の書いたものも収録されています。

 ご一読頂ければ、本のタイトルどおり「知ればなっとく脱原発」して頂けるのでは。

「知ればなっとく 脱原発」 反原発運動全国連絡会編 七つ森書館 1600円+税

是非、お買い求めください。お申し込みはksueda@mb.infoweb.ne.jpでもお受けします。

「はんげんぱつ新聞」(年間購読料三千円)の定期購読もよろしくお願いします。


HOME