日本消費者連盟関西グループ発行「草の根だより」2003年2月号記事

シリーズ 放射性廃棄物を考える

スソ切り処分を先取りした関電の実態

2003年3月1日、大阪府内の消費者団体が取り組みの成果を発表し合う大阪府消費者研究発表大会が開催されました。

このなかで、「くらしを見つめるひととき」というグループが「原発のごみがフライパンに生まれ変わる? 原発解体に伴う放射性廃棄物の危険性を考える」と題した発表を行いました。鉄鋼メーカー、自治体、関電にアンケート調査を行って問題点をまとめた研究です。ここでは、グループから許可を得て、市民グループへの対応としては珍しく文書回答してきた関電の回答を紹介し、研究発表とは独自に私のコメントを加えて見たいと思います。研究発表は関電以外の回答にも分析を加えた優れたものですから、報告集などでご覧ください。

原発の廃止予定

(関電回答)   近い将来廃止を予定しているものはありません。
     
(コメント)   2003年3月、核燃サイクル機構の「ふげん」が運転停止します。関電の原発も老朽化しているものから、いずれは廃炉にしなければならないはずです。

廃炉後の方針

(関電回答)   我が国では、運転を終えた原子力発電所は安全の確保を前提に解体撤去することを基本方針としており、当社もその方針に従う考えです。
     
(コメント)   無理に解体せず、そのまま墓標としておいておくほうが放射能が拡散せずに安全です。解体撤去といっても、廃棄物を撤去する場所が問題です。

原発解体廃棄物の量

(関電回答)   美浜1,2号機の解体廃棄物量(*)は、以下の通りと評価しています。(単位:トン)  
  金属 コンクリート
美浜1号機 約16,000 約140,000
美浜2号機 約18,600 約179,000

このうちクリアランスレベル以下と分類される量は、解体時点における個別プラントの汚染状況の差にもよりますが、概ね、解体廃棄物全体の内、放射性廃棄物は3 %以下、残りはクリアランスレベル以下の廃棄物(*)と試算されています。

(平成11年5月総合エネルギ−調査会原子力部会報告)

(*)これには元々放射性廃棄物でない二次系(タ−ビン建屋等)の解体廃棄物も含みます。

     
(コメント)   100万KW級の原発一基の解体では50万トンの廃棄物が発生すると見込まれていますが、美浜1,2号炉は34万KWと50万KWなのでこれよりも少なくなっています。

改修工事などの廃棄物

(関電回答)   蒸気発生器取替え工事で発生した廃コンクリ−ト量(単位:トン)
  放射性廃棄物でない廃棄物 放射性廃棄物 合計
美浜 約340 約 320 約 660
高浜 約270 約 110 約 380
大飯 約 70 約1200 約1270
合計 約680 約1630 約2310
    蒸気発生器取替え工事および原子炉上蓋の取替え工事で発生した廃金属は全て、放射性廃棄物として取り扱い、蒸気発生器保管庫または固体廃棄物貯蔵庫に保管しています。トン数については個別の工事毎に集計しておりませんが、最も大きい廃金属である蒸気発生器で1基あたり約 300トンです。
     
(コメント)   私達が反対をしている放射能のスソ切りが制度化される前から、コンクリートについては「放射性廃棄物でない廃棄物」として既に 680トンも処分されていることに注目です。蒸気発生器取替え工事は、建設時に想定していなかった大きな装置の交換のために原子炉建屋に穴を開けて行われました。このときの穴の部分などがコンクリート廃棄物となっています。これらが本当に放射性管理区域と関係ないところから発生したものだったのでしょうか。

解体時の測定

(関電回答)   廃コンクリートが原子力安全委員会の定める「放射性廃棄物でない廃棄物」の基本的考え方に適合することを確認するため行った測定箇所は以下の通りです。

美浜発電所:102 箇所

高浜発電所: 83 箇所

大飯発電所: 13 箇所

その結果、人工核種は検出されず、検出されたのはカリウム40等コンクリ−ト中に存在する天然の放射性核種のみであり、その濃度は約 0.4〜0.9 Bq/gの範囲で、通常の範囲内でした。なお、この結果は国へも報告されています。     

     
(コメント)   問題はこの回答です。何平方メートルごとに一箇所測ったのかこの回答だけでは分かりませんが、結局抜き取りのサンプル調査しかしていないことになります。全量を測定することなど無理な相談だからです。核種分析以外の測定も行われてはいるでしょうが、表面からの放射線測定では検査漏れとなる核種もあります。検査をすり抜ける汚染がないのか、疑問です。

HOME   TOP   NEXT