どうする?原発のゴミー高レベル放射性廃棄物の最終処分問題を考える

高レベル放射性廃棄物処分場の適地を国が示すとされています。これに備えて、対抗する運動を作るために、新たなパンフレットを作りました。

目次
第1章 高レベル処分場の危険性
第2章 どのように処分場を選ぼうとしているか
第3章 誘致の動き封じ、脱原発へ
第4章 地下研究施設の教訓─北海道幌延町、岐阜県瑞浪市

第1章と3章を末田が、第2章を原子力資料情報室の伴英幸さんが執筆しました。

幌延の報告は「核廃棄物施設誘致に反対する道北連絡協議会」共同代表の久世薫嗣さん
瑞浪の報告は「放射能のゴミはいらない!市民ネット・岐阜」代表の兼松秀代さんです。

発行:原子力資料情報室/原水爆禁止日本国民会議/反原発運動全国連絡会

A5判40ページ
 
頒価:300円(送料別)


HOME