雨水が原子炉建屋に流入する事故を、石川県も隠ぺい

北陸電力志賀原発2号機、雨水約6.5トンが原子炉建屋に流入し、照明機器の電源盤がショートするという事故が2016年9月28日に起きました。更なる雨水流入により重要度の高い安全機能を喪失していた可能性も否定できない重大事故にもかかわらず、直ちに公表されず、石川県も隠ぺいに手を貸す信じられない対応を行いました。

事故の概要

当時、志賀原発では道路の側溝(排水路)の付け替え工事を実施していて、当該エリアに降った雨水は仮設排水ポンプで排水することになっていましたが、仮設排水ポンプの能力が足りず道路が冠水しました。当時の雨は1時間30ミリ程度で、強い雨ではありますが、時々観測される当然予想しておかなければならない強度です。仮設排水ポンプの能力設計ミスが直接的原因の一つに挙げられています。

冠水エリアにあるピットの上蓋から仮設ケーブルを引き込んでいたため隙間があり、雨水がピットから開閉所共通トレンチに大量に流入することになりました。隙間を土嚢でふさいでいれば、違った展開になったでしょうが、行われていませんでした。

雨水はケーブル貫通部を経由して原子炉建屋にまで流入し、1階にある照明機器の分電盤をショートさせるとともに、コンクリートの亀裂を通じて地下2階の管理区域まで流れたことが確認されています。雨水が流入した1階の室には、照明分電盤の他にも、残留熱除去系ポンプ等に給電する電源盤など安全上の重要度の特に高い機器が設置されていて、さらに流入が続けばこれらに影響が及び安全機能を喪失した可能性があります。

いくつかある直接的原因で最も深刻なのは、原子炉建屋の貫通部に水の流入対策が取られていなかったことです。福島原発事故で津波の海水が非常用発電機を冠水させたことの教訓をどう考えているのでしょうか? 志賀原発2号機では、地下の貫通部57か所のうち21か所で止水対策が取られていません。また、1号機では地下貫通部133か所のうち48か所で対策が取られていませんでした。

事故の公表と石川県の対応の問題

事故当日、北陸電力は国(原子力保安検査官)、石川県、志賀町に連絡しています。ちなみに、幸い安全機能喪失に至っていないことから法令による事故報告義務はなかったそうです。このようなことから北陸電力は、当初事故を軽く見たのではないでしょうか。事故を報道発表することもなく、公表したのは9日後の10月7日、ホームページにマンスリーレポートとして事故の概要を掲載しただけでした。事故が広く知られたのは、10月19日の原子力規制委員会の議題として取り上げられた時でした。

事故翌日の9月29日(木)、石川県と志賀町は臨時の立入調査を行って現場を確認しています。原子力の規制権限は国に一元化されていますが、安全協定で県と志賀町には立入調査権が認められていますので、必要な対応を行ったことになります。

問題は、ここからです。10月3日(月)には県の原子力環境安全管理協議会(以下「安管協」)が予定されていました。安管協は安全協定に基づき、地域住民の安全確保及び生活環境の保全について必要な事項を協議するため設置されているもので、学識経験者12名、県議2名、漁協等の関係団体5名、関係市長・町長4名、志賀町議会議長1名、副知事ら県職員3名で構成されています。

(本題から外れますが、委員名簿(石川県資料集の5.)を見て、石川県の連合事務局長と並んで電機連合選出委員がなぜ必要なのか、私には理解できません。)

重大な安全機能喪失に至る可能性があった事故を立入調査した県は、当然その結果をこの協議会に報告して意見を聞くべきでしたが、当初予定していた議題をこなしただけで、事故には一切触れず、結果的に北陸電力同様に事故を隠したのです。県が臨時に安管協を開いて事故を報告したのは、11月24日になってからでした。

この日の審議では委員から「公表もかなり後手に回っており、周辺市町や住民への配慮が欠けていたのではないか。会社の取り組む姿勢、広報のあり方など改善のための方策を考えて頂きたい。」との意見が出される一方、「よく原因とかどういう対策にするかとかを決めてから広報される方がいい。必ずしも早ければ良いというものではない」と北陸電力を擁護する意見も出されています。石川県は、議事録に発言者名を載せていませんが、擁護発言はおそらく宮崎慶次委員でしょう。

石川県の谷本正憲知事は12月6日、県庁内で記者団の質問に答えて「初期対応が甘かったのは否めない」と北陸電力を批判したことを時事通信が報じています。谷本知事は、雨水で電源装置が失われれば、津波で非常用電源を喪失した東京電力福島第1原発事故と「同じような事態になる」と懸念を示した上で、「重大事故につながりかねない危機意識をもって対応してほしい」と慎重な対応を求めたとされていますが、初期対応が甘かったのは石川県も同罪であることを肝に銘じるべきです。

このページのTOP


北陸電力、石川県の非常識

HOME