改訂版「あなたの街を通るプルトニウム輸送」パンフレット表紙

民主主義と相容れないプルトニウム利用の問題を最も実感させて くれるのが、燃料輸送の過剰な警備です。

茨城県東海村から常磐道、 首都高速、東名、名神、北陸道を走るルートで行なわれていた 「もんじゅ」のプルトニウム燃料輸送は、2010年4月に初めて関越、 上信越、北陸道ルートで行なわれました。 都心を避けるのが目的だとしたら、輸送計画自体が差別的と 言えるでしょう。北関東自動車道が全線開通すればさらに輸送ルートの 変更も予想されます。

どんな事故が考えられるのか?防災体制は? などをまとめたパンフレット 『あなたの街を通るプルトニウム輸送』は、2009年春に発行した初版が好評で完売状態でしたが、新たなルートでの輸送を受け、 改訂新版を発行しました。「もんじゅ」の14年半ぶりの運転再開や 炉内中継装置の落下事故もフォローしています。

もんじゅは福井だけの問題ではありません。輸送ルート沿線も現地です。 プルトニウム輸送の問題点を訴え、輸送ルートの沿線から地域・全国にまで 反対の声を拡げていくことが、もんじゅを廃炉に追い込むことに つながるはずです。ご活用をお願いします。

製 作  :反原発運動全国連絡会
執 筆  :末田一秀(自治労脱原発ネットワーク)
写真提供:NO NUKES MORE HEARTS、京都・反原発めだかの学校
共同発行:原子力発電に反対する福井県民会議
       原水爆禁止日本国民会議
       原子力資料情報室
       ストップ・ザ・もんじゅ
       反原発運動全国連絡会
A5判 23頁
販価:200円(送料別)

目次
もんじゅ燃料輸送 ドキュメント
もんじゅのプルトニウム燃料
輸送容器の安全性は?
どんな事故の可能性があるか
事故時の通報基準は
原子力防災計画は有効か
消防マニュアルでの対応
輸送情報の隠蔽と核物質防護
そもそも「もんじゅ」とは
もんじゅ運転再開の資格なし
地震への備えは?
プルトニウムはやっかいもの
それでもまだプルトニウムを取り出すのか
関東圏の皆さまへ

全編

発行:2010年11月


HOME   書籍販売のページへ